ホーム > 地域福祉 > 貸付事業

貸付事業

ご相談希望の方は、担当者が不在の場合もございますので、お越しになる前にお電話・FAX・当サイトのお問合わせフォームのいずれかでお問合わせください。

生活福祉資金貸付事業(長野県社会福祉協議会扱い)

生活福祉資金貸付制度は、市町村社協が申込み窓口となり、低所得者世帯、障がい者世帯や高齢者世帯に対し、地域の民生委員と連携して資金の貸付と援助指導を行うことにより、安定した生活を送ることを目的とした貸付制度です。

事業の目的 世帯の経済的自立や生活意欲の助長促進、在宅福祉や社会参加の促進を図り、安定した生活を送れるよう支援する
対象となる方 低所者得世帯・高齢者世帯・障がい者世帯(個人に貸し付けるものではありません)
主な資金種類
  1. 総合支援資金
    失業により生計の維持が困難になった世帯に対し、生活の立て直しのために必要な資金
  2. 福祉資金
    日常生活を送る上で、又は自立支援に資するために、一時的に必要であると見込まれる資金(生業費・技能習得支援費・住宅改修費・福祉自動車購入費・療養/介護費・転居費・冠婚葬祭費・災害援護費・緊急小口資金)
  3. 教育支援資金
    世帯に属する者が、高等学校・大学または高等専門学校に就学するのに必要な経費・支度費
  4. 不動産担保型生活資金
    現在居住し、また、将来に亘って住み続けることを希望する土地や建物を担保にした生活資金
  • 各種貸付には連帯保証人が必要です(不要の場合もあり)
  • 上記の貸付に関する相談窓口:中野市社会福祉協議会またはお住まいの地域を担当する民生委員
  • 当協議会・民生委員が、ご相談から申請、ご返済に至るまで様々な過程で継続して援助活動を行います。なお、貸付にあたっては一定の条件があります。

詳しくは長野県社会福祉協議会ホームページをご覧ください。

くらしの資金貸付事業(中野市社会福祉協議会扱い)

くらしの資金貸付制度は、当協議会が申込み窓口となり、低所得者世帯、障がい者世帯や高齢者世帯に対し、地域の民生委員と連携して資金の貸付と援助指導を行うことにより、安定した生活を送ることを目的とした貸付制度です。

事業の目的 災害、疾病、失業などにより一時的に生活費に困っている世帯に対し、生活を維持するために必要な資金を貸し付けることにより、当該世帯の自立更生を図り、安定した生活が送れるよう支援する
対象となる方 低所得者世帯・高齢者世帯・障がい者世帯(個人に対して貸し付けるものではありません)
対象となる方
  1. くらしの資金
    限度額10万円以内
  2. 緊急小口資金(保護費が支給されるまでの間のつなぎの資金)
    限度額2万円以内
  • 貸付には連帯保証人が必要です(緊急小口資金は不要)
  • 上記の貸付に関する相談窓口:中野市社会福祉協議会またはお住まいの地域を担当する民生委員
  • 当協議会、民生委員がご相談から申請、ご返済に至るまで様々な過程で継続して援助が活動を行います。なお、貸付にあたっては一定の条件があります。
お問合わせ
中野市社会福祉協議会 事務局
〒383-0042 長野県中野市大字西条70-1 中野市福祉ふれあいセンター内
TEL(代)0269-26-3111 FAX 0269-23-1662
社会福祉法人 中野市社会福祉協議会
〒383-0042 長野県中野市大字西条70-1
中野市福祉ふれあいセンター内
TEL(代)0269-26-3111 FAX 0269-23-1662

ページトップ

Copyright © Nakano City Council of Social Welfare All Rights Reserved.